忍者ブログ

Syok'n Lab

WEB開発のあれこれ PHP,JAVA,Javascript,Ajax,Flex,Air,Linuxなどなど 最近雑記帳になりつつある・・・

※コメント、トラックバックは認証後表示されますのでご了承下さい

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Swapの設定について

Webmin導入時でもあったけどハングアップを防止する設定が出来るみたい。

以下takaichi501011さんのtaka_lifeブログからの記事を参照しています。
http://ameblo.jp/takaichi501011/entry-10126486962.html

スワップ領域の追加方法

①任意の場所にディレクトリ作成
#mkdir /mnt/swap
#cd /mnt/swap

②ddコマンドでswapファイルを作成
#dd if=/dev/zero of=swap bs=1024 count=任意のサイズ


③スワップ領域を拡張する
#/sbin/mkswap swap(デバイス)


④スワップ領域を有効にする
#/sbin/swapon swap(デバイス)
※無効にする際は/sbin/swapoff デバイス

⑤再起動後にこのままでは消えてしまうのでrc.localファイルに
起動後に有効にするコマンドを記述
#vi /etc/rc.local

/sbin/swapon swap(デバイス)を追加

《終了》



メモリオーバーコミット設定
※swap使用量が100%に達しない為の設定です。ハングアップを防ぐため

①/etc/sysctl.confを編集します。
#vi /etc/sysctl.conf
#/sbin/sysctl -p

下記を追加
vm.overcommit_ratio = 99
vm.overcommit_memory = 2

overcommit_ratioは物理メモリの割合を指定します。
99だと99%使用して1%は常に空けれるようにしておくということになります。
overcommit_memoryを2にするとメモリオーバーコミットを許さなくなります。

swappinessの設定
swappnessは1~100まで設定できて大きいほどSwapしまくるみたい。

①/etc/sysctl.confを編集します。
#vi /etc/sysctl.conf
下記を追加
デフォルトは60なので50に設定
vm.swappiness = 50

#/sbin/sysctl -p

overcommit_memory 2
だと
webminとapacheを同時起動するとどちらかがメモリ不足で落ちてしまう。

ので
overcommit_memory 1とした。


今のところ、多少もっさりだが共存出来ているよう at2008.10.04

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

免責事項

当ブログに記載している情報に関しては、合法性、正確性、安全性等、いかなる保証もされません。従って、当ブログの情報を元に行う行為については自己責任でお願い致します。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[02/10 幸一]
[12/08 yamamoto]
[07/23 Mr.ポテトヘッド]

最新トラックバック

ブログ内検索

Copyright ©  -- Syok'n Lab --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ