忍者ブログ

Syok'n Lab

WEB開発のあれこれ PHP,JAVA,Javascript,Ajax,Flex,Air,Linuxなどなど 最近雑記帳になりつつある・・・

カテゴリー「自宅サーバー構築記」の記事一覧
※コメント、トラックバックは認証後表示されますのでご了承下さい

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[自鯖]fedora13 yumのエラー

今日yumのアップデートを掛けると

依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています
---> パッケージ gnome-applets.i686 1:2.30.0-1.fc13 を更新に設定しました
---> パッケージ gnome-panel.i686 0:2.30.0-1.fc13 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: gnome-session-xsession のパッケージ: gnome-panel-2.30.0-1.fc13.i686
--> 依存性の処理をしています: libedataserver-1.2.so.11 のパッケージ: gnome-panel-2.30.0-1.fc13.i686
---> パッケージ nautilus-sendto.i686 0:2.28.4-1.fc13 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: libedataserver-1.2.so.11 のパッケージ: nautilus-sendto-2.28.4-1.fc13.i686
--> トランザクションの確認を実行しています
---> パッケージ gnome-panel.i686 0:2.30.0-1.fc13 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: libedataserver-1.2.so.11 のパッケージ: gnome-panel-2.30.0-1.fc13.i686
---> パッケージ gnome-session-xsession.i686 0:2.30.0-1.fc13 を更新に設定しました
---> パッケージ nautilus-sendto.i686 0:2.28.4-1.fc13 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: libedataserver-1.2.so.11 のパッケージ: nautilus-sendto-2.28.4-1.fc13.i686
--> 依存性解決を終了しました
エラー: パッケージ: nautilus-sendto-2.28.4-1.fc13.i686 (fedora)
             要求: libedataserver-1.2.so.11
            利用可能: evolution-data-server-2.30.1-2.fc13.i686 (fedora)
エラー: パッケージ: gnome-panel-2.30.0-1.fc13.i686 (fedora)
             要求: libedataserver-1.2.so.11
            利用可能: evolution-data-server-2.30.1-2.fc13.i686 (fedora)
 問題を回避するために --skip-broken を用いることができません
 これらを試行できます: rpm -Va --nofiles --nodigest

となってupdate出来ない

エラー内容どおり、liedataserverをrpmコマンドでインストールしなおすことで解決可能
なぜこのエラーが出たのかは原因不明・・・fedora13をyumで導入しようとしたのが悪かったのかな


wget ftp://195.220.108.108/linux/Mandriva/official/2010.0/i586/media/main/testing/libedataserver11-2.28.2-1mdv2010.0.i586.rpm
rpm -ihv libedataserver11-2.28.2-1mdv2010.0.i586.rpm

拍手[0回]

PR

[自宅サーバー構築記]fedora 13 アップデート

fedora13がリリースされたので、早速アップデートしてみる。
CDを焼くのは面倒なので、yumを使用して行ってみる。(公式には非推奨のやり方なので自己責任で)

$ su
# cd /tmp
# wget ftp://ftp.riken.jp/Linux/fedora/releases/13/Fedora/i386/os/Packages/fedora-release-*.noarch.rpm  
# rpm -Uvh fedora-release-*.noarch.rpm
# yum clean all
# yum -y update "rpm*" "yum*" && yum -y upgrade
# grub-install /dev/sd? (grubのあるdev?実行しなくてもよいかも)
# reboot
不具合を起こしたくない場合はCDに13のisoを焼いて実行するべし。。。だそうです。

拍手[0回]

[自宅サーバー構築記]virtual pc on kbuntu

centosに続き、kbuntuもインストールしてみています。
dsk5.jpg


isoイメージをキャプチャさせた後に、表示を日本語にして、F4キーでセーフグラフィックモードで起動するとうまくいくと思います。

拍手[0回]

[自宅サーバー構築記]newサーバーの使い道

友人から頂いた新しいサーバーですが
XPのライセンスもあるので、メインPCの予備機として置いておくのも良いんだよなぁ

でも手軽にいじれるLinuxの環境もほしい。

最初HDDに複数OSを入れてデュアルブートさせようかと思ってたんですが
このマシンにはディスプレイやマウスを接続する予定が無いので、起動OSを選ぶ際にいちいち接続しなければならないのがネック・・・

だとすると、残された道はひとつ


XPをそのまま使い、その中でvirtual PCを起動。
virtual PCにLinuxを導入し、XPマシンにはVNCで接続する。


なんだかややこしいですが、とりあえずノートPC(7)からXPマシンへVNCで接続は完了しました。
dsk.jpg







拍手[0回]

・・・virtualPC2007にLinuxを導入

[自宅サーバー構築記]newサーバー

ついに、debianやdslを入れて遊んでいたサーバーがお亡くなりになりました。

最近はほとんど手を入れてなかったので、今更無くなっても感が否めないですが
自由にOSを入れたり、仕事のテスト環境を作ったり出来ないのは何だか寂しいなぁと思っていたところ

最近、友人のJから余っているマシンがあるので、使わないか?との連絡が!
(Jは一人暮らしであるにも関わらず、3LDKの部屋に住み、各部屋に1台以上PCを置いている独身貴族です^^;)

スペックを聞いてみると
Dell dimention 4700c をカスタム
CPU: Pentium 4  2.8GHz(HT対応)
メモリ: 2GB
HDD: 250GB
グラボ: NVIDIA GeForce 8400 GS
※XPライセンス尽き

半分自作のようなものなので一般的なショップでは売ってもパーツ台くらいにしか消えないので・・・という本人の弁でしたが、十分すぐる性能で、ホンマにええんかいな・・・

さすがにタダで頂くのは気が引けたので、週末に家に呼んで鍋をご馳走しました。
作ったのは殆ど嫁ですがw

いやー、XPのライセンスも付いてるし、HDDの容量も申し分ないし
XPとLinuxとのデュアルブートも楽勝ぽいし、色々遊べ・・・もとい、勉強出来そうです

Jに感謝感謝

拍手[0回]

免責事項

当ブログに記載している情報に関しては、合法性、正確性、安全性等、いかなる保証もされません。従って、当ブログの情報を元に行う行為については自己責任でお願い致します。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[02/10 幸一]
[12/08 yamamoto]
[07/23 Mr.ポテトヘッド]

最新トラックバック

ブログ内検索

Copyright ©  -- Syok'n Lab --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ